あきらめないで!犬のしつけ

犬のしつけ

犬に何かを教えるときは、ごほうびを上手に使うのがポイントです。

 

たとえば、「おすわり」の指示できちんと座れたらごほうびを与えたり、いつもは吠えていた人に吠えなかったときや家でおとなしくしているときなど、

 

生活の中で自分から望ましい行動をとったときにも与えることは効果的です。

 

また、ごほうびは、ほめるべき行動をとったらすぐに与えるのがコツです。しばらくたってから、ごほうびをあげても、犬はどうしてごほうびがもらえたのか理解できません。

 

こうして、繰り返し一定の状況でごほうびを与えると、犬は自分の行動とごほうびをむすびつけて考えるようになり、自然とごほうびほしさから、その行動をとるようになります。

 

たとえば、「おすわり」や「おて」と指示をしていないのに、ごほうびがほしいから、自分からおすわりをして、おてを繰り返すなど、かわいい行動も見られるようになります。

 

ごほうびとしては、食べ物を与えることが一般的に使われますが、犬が喜ぶことなら何でもごほうびになります。

 

たとえば、体をなでたり、ほめたり、一緒にあそんであげたりすることも立派なごほうびです。

 

また、食卓のものを食べたりと犬を叱りたくなる場面も出てくると思いますが、まずは望ましくない行動をさせないよう配慮することが大切です。

 

たとえば、犬から目を離すときはハウスに入れるなどの方法で予防することもできます。

 

しつけの基本は、望ましい行動を導き、それをほめることで、正しい行動を犬に教えることです。基本的には叱らず、ほめることだけで十分しつけはできます。

無駄吠えのしつけ

犬のしつけ

犬の無駄吠えに関しては人間の赤ちゃんでいう感情の表しになります。

 

赤ちゃんで例えるなら泣いた時に思う事を考えてみましょう。ミルク、おむつ、眠いだとかとっさに理由を考えると思います。

 

それと同じように犬も感情を表して吠えるわけなので単に黙らせたいという事ではなくまず何を表現しているのかの理由を考えましょう。

 

これをすることによりしっかりとしたしつけが出来ることになります。しつけにおいては甘えさせるのは良くないしつけになります。

 

分かりやすい例えでいうと吠えたからといってご飯と認識しその理由が適した事で吠えたらご飯をあげるなんていうしつけを行うと犬からしたら吠えたらもらえる物だと認識してしまうし、

 

またそれを続けることにより肥満の原因になれば体調を崩すといった形にもなりかねません。

 

当たり前で分かりやすい分、つい甘やかしてご飯やおやつ等をあげてしまうとは思いますがそこはしつけする側もしっかりと自分に言い聞かせ時間を考えて与えたり、

 

健康面を考慮してあげるのも飼い主である人の責任でもあればしつけの一環とも言えるんじゃないでしょうか。

 

理由を考えそれに伴った対処を行い、しつけをしっかりしていくことで無駄吠えは自然となくなります。